虐待された母はどんな心構えで子育てすべき?

15
妊娠・出産のQ&A

虐待された母はどんな心構えで子育てすべき?

7ヶ月の息子の母です。出産後から、自分が幼いころに受けた母親の厳しすぎるしつけがフラッシュバッグするようになりました。
裸で外に立たされたり、布団たたきでみみず腫れができるほど叩かれたり、髪の毛が抜けるほど引っ張られたりしましたが、あれは今から思うと虐待だったんだろうなと思います。そういう自分の体験を思い出すと、わが子にいつか同じことをしたらどうしようと、不安で怖くてたまらなくなってしまいます。
テレビ番組で「虐待を受けた子は、自分も繰り返す可能性が高い」と聞きました。わが子はかわいくて仕方ありませんが、ひどくぐずったときなど、たまにすごくイライラしてしまいます。いつか手を出してしまうのではないかと思い、育児に自信がなくなってしまいます。
こんな経験を持つ私は、どのような心構えで子育てをしていったらいいのでしょうか?

 

まず、あなたがお母さんから受けた行為は、「しつけ」ではないと思います。そのことをしっかり自分に言い聞かせてください。間違ってしつけと解釈すると、お子さんにも同じことをするかもしれないからです。
子どもは成長とともに、訳もなく泣いたりいたずらをしたり、言うことを聞かなくなるときが必ず出てきます。それは、健康的な発達のステップでもあるのです。そのとき、あなたはどうにもならない状況から冷静さを失い、目の前の子どもに過去のお母さんの姿を重ねて、叩きたくなってしまうかもしれません。その際には、「この子は私の子。お母さんではない」、また「私はお母さんと同じ人格ではない」ということを強く意識してください。
そして、自分ではどうしていいのか分からなくなったら、1人で抱え込まず、子育て支援センターや児童相談所、保健センターなどに相談してください。話すことで気持ちはずいぶん楽になるものですし、身近な支援先とつながっていれば、安心して子育てすることができます。過去の思い出に振り回されず、自信を持って自分の子育てをしていきましょうね。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
15

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。