卒乳とおっぱい

 1歳半歯科検診でおっぱいを止めるように言われました。早速卒乳を始めたのですが、おっぱいがカンカンに張って痛いです。以前乳腺炎になったこともあり、どうしたらいいか不安です。搾乳するとまたおっぱいが作られるので、そのままにしておいた方がいいと言われました。
 また、卒乳をはじめたことで今までおっぱいで安心して寝ていたため寝るまで泣きわめき、汗だくになっています。このままの状態を続けると子どもの情緒面が心配です。
 

 歯科検診で「卒乳をしたほうがいい」と言われた理由はなんでしょう? すぐにでも卒乳をしなければならない場合は、やはり乳汁分泌を抑制させる薬を飲んだほうがいいと思います。
 乳房が張るときは少し冷やして、多少は搾乳してよいでしょう。そのうち分泌量は減っていきます。それでもだめなときは、病院で乳汁分泌抑制剤を処方してもらってください。併用すると、スムーズにいきます。
 卒乳についてはいろいろ言われていますが、最近では「自然に吸わなくなるまで待ってよい」という説も強いです。子どもの自主性に任せようというもので、ある程度大きくなれば自然と吸わなくなるとのことです。その時代の背景によって勧められる方法も変わるようですが、要するに、思いきって卒乳をするか、自然に卒乳するのを待つかは、親御さんの子育て上の考え方でもあるようです。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)