乳輪のあたりにしこりがあると言われました

生後5カ月の娘を母乳で育てています。1日7回ほど授乳していますが、先日乳腺炎になり、受診しました。その際に乳房マッサージを受け、助産師さんから「乳腺炎になった胸の乳輪のあたりにしこりがあるので、様子を見るように」と言われました。
触ると確かにしこりがありますが、痛みはありません。娘に噛む力が出てきたのか、しこりがあるほうの胸で授乳すると、少し痛みを感じます。授乳中、娘は何回か唇を外し、いつもより吸えていない気がします。しこりが原因なのでしょうか? また、妊娠中のために、昨年は乳がん検診を受けませんでした。受診して相談したほうがいいのでしょうか?
 

おそらく、乳管閉塞で生じた乳腺炎のあとがしこりになって残っているものと思いますが、限局性に乳汁がうっ滞して、しこりになっているのかもしれません。乳房マッサージを続け、赤ちゃんが乳汁を飲み残したら搾乳して、乳汁を十分に排出させるようにしましょう。
乳管の流通が改善すれば、次第にしこりは縮小すると思います。いつまでもしこりが取れないようでしたら、医師や助産師さんに相談してみましょう。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)