【医師監修】妊娠中の耳鳴りの原因は?症状と対処法、改善策について

0

監修者

医師 太田 篤之 先生

産婦人科 | おおたレディースクリニック院長


順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。

 

 

■主な経歴

平成12年3月 順天堂大学医学部 卒業

平成12年5月 医師国家試験合格

平成12年5月 順天堂大学附属順天堂医院において臨床研修

平成13年10月 埼玉医科大学総合医療センター産婦人科移動

平成14年4月 埼玉医科大学総合医療センター産婦人科助手

平成14年10月 順天堂大学産婦人科学講座 助手

平成15年4月 順天堂大学大学院医学研究科 産婦人科学専攻課程入学

平成17年10月 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医

平成18年10月 越谷市立病院産婦人科勤務

平成19年3月 順天堂大学にて医学博士の学位授与

平成20年4月 順天堂大学附属順天堂医院産婦人科助教

平成21年10月 順天堂大学附属静岡病院勤務

平成22年1月 順天堂大学附属静岡病院総合周産期センター准教授

平成23年1月 順天堂大学産婦人科非常勤講師

平成24年8月 おおたレディースクリニック院長就任

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期・新生児学会

日本超音波医学会

日本婦人科腫瘍学会

日本産科婦人科内視鏡学会


HP:おおたレディースクリニック
住所:神奈川県伊勢原市伊勢原2-2-12
TEL:0463-93-0383

妊婦の耳鳴りイメージ

 

妊娠中には、さまざまな不快症状が出現します。耳鳴りもそのひとつです。耳鳴りが妊娠によるものなのか、それともなにかの病気なのかわからず、不安に思う方もいるでしょう。ここでは、妊娠中の耳鳴りの原因、対処法などについてご紹介します。

 

 

耳鳴りとはどんな症状?

耳鳴りとは、実際には音がしていないのに、なにかが鳴っているように聞こえる現象をいいます。キーンという音やモーター音、セミの鳴き声のような音など、症状には個人差があります。気にならない程度のものから、日常生活に影響が出るものまでさまざまです。

音は耳の穴から鼓膜、そして中耳から内耳、聴神経へと伝わり、最終的に脳へ伝わることによって認識できます。耳鳴りは脳へと音が伝わる過程になんらかの異常があり、起こると考えられていますが、実際は耳鳴りが起こるメカニズムははっきりとはわかっていません。

 

 

妊娠すると耳鳴りが起こりやすくなるのはなぜ?

妊娠中はホルモンの変化やストレス、大きくなった子宮などによって血行が悪くなりやすく、頭痛や肩こり、耳鳴りなどの症状が現れることがあります。

また、つわりによって急激に体重が減ると、中耳(鼓室)と咽頭をつなぐ管状の器官である耳管周囲の脂肪も減ります。すると、耳管の入り口をうまく開閉できなくなり、耳管開放症を発症してしまうこともあります。耳管開放症になると耳鳴りや耳が詰まっている感じがするなどの症状がみられます。

そのほか、妊娠中は循環血液量が増加し、貧血になりやすくなります。その結果、酸素不足になり、耳鳴りが生じるということもあります。

 

 

注意したい耳鳴りをともなう病気

耳鳴りがするときはなんらかの病気が潜んでいる可能性もあります。耳鳴りの原因となる主な病気について確認しておきましょう。

 

・高血圧・妊娠高血圧症候群
高血圧になると耳の近くを通る血液の雑音が耳鳴りとして聞こえることがあります。高血圧の場合、頭痛や耳鳴り、肩こり、痺れ、めまいなどをともなうことがあります。妊娠中は、妊娠高血圧症候群を発症することもあり、症状が悪化すると母児ともに影響を受ける恐れがあるため、注意が必要です。

 

・突発性難聴
ある日突然片方の耳が聞こえなくなる病気で、ほとんどのケースが耳鳴りをともなうといわれています。原因ははっきりとしていませんが、ホルモンバランスの乱れやストレス、ウイルス感染が原因と考えられています。突発性難聴を発症した場合は、早期の治療と安静が必要になります。

 

・メニエール病
ぐるぐる回る回転性めまいと、片耳の難聴、耳鳴りがみられる場合、メニエール病の可能性があります。原因ははっきりしていませんが、メニエール病発症にはストレスや疲労、睡眠不足などが誘因になるようです。

妊娠中の耳鳴りはよくあることですが、気になる症状がある場合はかかりつけ医に相談するようにしましょう。

 

 

耳鳴りの対処法

妊娠にともなう耳鳴りは、妊娠の終了とともに改善するといわれています。とはいえ、妊娠中の不快な症状はひとつでも改善したいと思いますよね。妊娠にともなう耳鳴りへの対処法には以下のようなものがあげられます。

・体をあたためる
・マッサージをおこなう
・適度な運動をおこなう
・睡眠をしっかりとる
・バランスのよい食事をとるように心がける
・ストレスや疲労をためない など

 

しかし、耳鳴りが続き、心身共につらい思いをされている方もいるでしょう。そのような場合は、耳鼻科を受診し、必要であれば薬を処方してもらいましょう。その際は、妊娠していることを必ず医師に伝えてくださいね。

 

 

まとめ

妊娠中はホルモンバランスの変化やストレスなどによって耳鳴りが起こりやすいといわれています。日常生活を見直すことで、症状が緩和することもあります。しかし、難聴やめまいなど、ほかの症状を伴う場合は、メニエール病や突発性難聴などの可能性があります。耳鳴りのほかに気になる症状がある場合は、かかりつけ医に相談し、対処していきましょう。

 

 

2018/11/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。