絨毛羊膜炎の感染が心配です

4
妊娠・出産のQ&A

絨毛羊膜炎の感染が心配です

現在、妊娠12週です。先週、お腹の張りと茶褐色のおりものがあり、受診しました。その際「子宮頸管ポリープができている」と指摘され、入院となりました。
「膣の雑菌が原因で炎症を起こし、ポリープができたのだろう。放っておくと絨毛羊膜炎になるかもしれない」と言われています。検査の結果、グラム陽性桿菌の値が3+でした。

日常生活では、性生活もせず清潔に保っていたつもりでしたが、こんな結果になるなんてショックです。妊娠中は、どのようなことに気を付けるべきでしょうか? 私のような症状の妊婦は珍しいのでしょうか? 赤ちゃんに障害が出ることはありますか?

 

ポリープは雑菌による炎症から発生するものではなく、子宮の頸管粘膜が有茎性に発育し、突出したものです。良性の腫瘍で、それほど珍しいものではありません。
ポリープがあると、不正出血や炎症を伴っておりものが増加することもあり、その菌が上行感染すると、胎盤の絨毛膜羊膜炎を起こします。これにより、早産や前期破水が起きたり、胎児への感染を引き起こすこともあります。
膣内洗浄や抗生物質の膣錠によって改善すれば、そのまま様子を見ますが、出血がたびたび起こる場合には、ポリープを切除します。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。