へその緒が長すぎると胎児に影響はありますか?

現在2人目を妊娠中で、妊娠5カ月です。1人目はかなりの安産だったのですが、赤ちゃんを取り上げてくださった先生が、「へその緒が2倍の長さだ」と驚いておられました。そのときには、出産による感動や疲れで気にも止めていなかったのですが、2人目を妊娠して急に先生の言葉が気になり、「もし2人目もへその緒が長かったら……」と心配になりました。へその緒が長いことで、首に巻き付きやすい、栄養が行き渡りにくいなど、胎児に影響を及ぼすことはありますか?
 

へその緒が長いと、赤ちゃんの首に巻きつきやすくなります。へその緒の巻きつきは、全分娩の20~25%に見られ、そのうち首への巻きつきは95%を占めます。巻く回数は、通常は1回のことが多いです。また、分娩経過中にへその緒が圧迫されると、胎児心音に変化が生じ、胎児仮死などが生じます。赤ちゃんへの影響は、へその緒のしめつけ具合にもよります。1回の巻きつきでも、しめつけが強ければ状態は悪くなりますし、回数が多くてもしめつけが弱ければあまり問題にはなりません。私は、最高4回の巻きつきを見たことがありますが、そのお子さんは元気に生まれてきました。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)