泣きすぎて体重が減りましたが胎児に影響しますか?

8
妊娠・出産のQ&A

泣きすぎて体重が減りましたが胎児に影響しますか?

妊娠5カ月に入り、つわりも落ち着いてきましたが、精神的な面が相変わらず不安定で困っています。先日はささいなことで泣いてしまい、約3時間も泣き続けました。目が腫れ、頭も痛いのに、やめたいと思ってもやめられませんでした。そして翌朝、体重を測ったら1kgも減っていました。妊娠してから1kg増えたので、元の体重に戻ったのですが、泣きすぎて体重が減ることで、胎児に影響する可能性はあるのでしょうか?

 

泣くことによって食欲が低下し、体重に影響することはありますが、「泣く」という行為自体で、体重が減る訳ではありません。妊娠5カ月で体重が1kgしか増えていないのは、胎児への栄養面などで心配がありますので、担当医の指導のもと、順調な体重増加を目指していきたいですね。妊娠中には、体にさまざまな不快症状が現れやすく、訳もなく悲しくなる、イライラするなどの精神的な症状が現れる人もいます。あまり思い詰めないで、ゆったりした気分でいることが、胎児のためにもよいことです。日常生活などに不安があるときには、それを解消したり、散歩や友人とのおしゃべり、マタニティ・スポーツなどで気分転換をしてみるのもいいでしょう。こうした工夫をしても精神的に不安定で、自分でもコントロールできないようでしたら、担当医に相談しましょう。軽い精神安定剤の処方で、落ち着くことが多いです。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。