妊娠中に歯の神経治療を受けても大丈夫?

8
妊娠・出産のQ&A

妊娠中に歯の神経治療を受けても大丈夫?

妊娠6カ月になります。虫歯がとても痛むようになり、耐えられなくなったため、歯科医院で診ていただきました。すると、「虫歯が神経にまで進んでいるため、神経を抜かなければならない」と言われました。神経を抜くためには、麻酔もしなければなりません。「妊娠中は歯医者へ行かない方がいい」と聞いていたため、このような大がかりな治療を受けることをためらっています。

 

妊娠中に歯周病などがあると、早産や胎児胎内発育遅延に関係するという報告があるため、妊娠中には歯科健診を受けることが大切です。ただし、治療を受ける際には、妊娠中であることを必ず伝えましょう。歯の局所的なレントゲン写真や麻酔による胎児への影響は、まずありません。歯科医師も、妊婦さんに応じた必要最小限の治療をしてくださると思いますので、心配しないでぜひ治療を続けてください。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。