単一臍帯動脈の場合に注意するべき行動は?

妊娠22週です。先日、妊娠中期の胎児精密超音波検査で、単一臍帯動脈と臍帯辺縁付着を指摘されましたが、主治医の先生からは、特に気をつけるべきことを伝えられませんでした。
3月上旬(妊娠25週)に、沖縄旅行に行く予定が入っているのですが、単一臍帯動脈と臍帯辺縁付着の症状を持った身で、飛行機で移動しても大丈夫でしょうか? 飛行機での移動を含め、私のような症状のある人が注意するべき行動がありましたら、教えてください。
 

臍帯は、2本の動脈と1本の静脈からなります。単一臍帯動脈の頻度は0.4~1.0%で、心奇形などの心血管異常が合併していることが多いとされています。
また、臍帯が胎盤の辺縁に付着する臍帯辺縁付着は、5~10%に見られます。胎児血流が障害されることで胎児発育が障害され、胎児発育遅延や新生児低酸素血症などに関連するという報告があります。
健診で問題がなく、担当医の許可がある場合は、飛行機の旅行もよいと思いますので、余裕のある日程にしてください。
今後の受診では、妊娠経過を慎重に診てもらいましょう。また、胎動の変化には注意を払ってください。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)