妊娠初期のレントゲンの影響について

8
妊娠・出産のQ&A

妊娠初期のレントゲンの影響について

もし妊娠しているのに気付かずに、腰のレントゲンを10枚ほど撮ったとして、赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか? 着床する前の受精卵が被曝したら、やっぱり妊娠状態までいかないのでしょうか?
最近腰が痛くて整形外科で見てもらいました。その後生理が遅れています。まだ妊娠検査はしてませんが、もし妊娠していたとして、赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか?

 

胎児への影響は被曝の時期と線量が問題となります。30~250radの場合は、先天異常が生じる可能性が高いといわれていますが、ふつうレントゲン検査は、数rad以下の照射であり、問題はないといわれています。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。