2人目妊娠にも不妊治療は必要?

現在36歳です。2年間の不妊治療の末、体外受精で1人目を妊娠しました。不妊の原因は、私の高プロラクチン血症と夫の精子が少なかったことです。しかし、妊娠39週で胎動がなくなり、死産となってしまいました。
次の妊娠を早めに考えたいのですが、私たち夫婦のような治療歴をもつ場合、やはり2人目も不妊治療が必要でしょうか? よく「出産後はホルモンバランスが整うから、妊娠しやすい」と聞きますし、「1人目は不妊治療で授かったが、2人目は自然に妊娠できた」というお話も聞いたりします。
できれば、私も自然妊娠したいですし、もしくは漢方などを利用してできるだけ最小限の不妊治療で妊娠したいと思っているのですが、私たちの場合は難しいでしょうか?
 

不妊治療を頑張ったのに死産され、とてもお辛かったでしょうね。しかし、実際に妊娠できたのですから、これからもお子さんに恵まれる可能性は十分あります。
年齢的なことを考えると、2人目はできるだけ早く妊娠されることをお勧めします。
まず現在、高プロラクチン血症が治癒しているかどうかのチェックをしましょう。自然妊娠を試みても、6ヶ月くらいでうまくいかないようなら、不妊治療の再開をお勧めします。また、ご主人の精子が自然妊娠を望めるだけの数に達していない場合にも、なるべく早く不妊治療を再開された方がよいと思います。体外受精と言えども、加齢と共に成功率も下降していきます。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)