ゲップが出ず、横にすると苦しそうにします

ゲップが出ず、横にすると苦しそうにします

生後15日の子はゲップを出すのが下手で、誰が抱いてもなかなかゲップをしてくれません。
病院では、5分から10分たて抱きをしてゲップが出なければ、ベッドに寝かせてもいいと指導されました。
しかし、横にしてしばらくすると苦しそうに激しく呼吸し、手足を苦しそうにバタバタさせ、ミルクも吐いてしまいます。どうしたら、苦しまなくなりますか?

専門家の回答

哺乳瓶のお子さんは、ミルクと一緒に空気を飲み込んでしまうことがあるため、哺乳後にゲップをさせるように指導しています。
一方、母乳のお子さんは空気を飲み込むことは少ないですし、哺乳瓶でも、あまり空気を飲み込まないお子さんもいます。これらの場合、授乳後にゲップが出ないため、そのまま寝かせても構いません。
ご質問の赤ちゃんは、「胃軸捻転」(いじくねんてん)という別の原因が考えられます。人の臓器は靭帯で体内にしっかりと固定されていますが、新生児の胃を固定している靭帯がまだゆるいため、胃の下半分が持ち上がって折れ曲がった状態になることがあります。すると、飲み込んだ空気がゲップとして出にくくなったり、吐いたり、お腹が張って泣いたりします。
うつ伏せをすると改善するため、かつてはうつ伏せ寝が推奨されていました。しかし、今では乳幼児突然死症候群のリスクを避けるために、勧めていません。哺乳後は、しばらく立て抱きにしていてください。靭帯がしっかりしてくる2~3カ月には、症状も落ち着いてくるでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る