哺乳しながら眠った場合、げっぷをさせなくてもいいのでしょうか?

哺乳しながら眠った場合、げっぷをさせなくてもいいのでしょうか?

生後1カ月の子は授乳中に眠ってしまうことが多く、たて抱っこで背中をさすってげっぷを促していますが、眠ったままでげっぷをしてくれません。このまま眠らせておいても大丈夫なのでしょうか? また、添い乳をしながら眠ってしまった場合にも、げっぷをさせなくて大丈夫なのでしょうか?

専門家の回答

げっぷは、授乳と一緒に飲み込んだ空気を出すために発するものです。母乳の場合は空気を飲み込むことがあまりないので、げっぷはさほど出ません。逆に、哺乳瓶の場合は空気を飲み込みやすいので、背中をさするなどしてげっぷを出すようにすることが必要です。
生後1カ月の間に哺乳後に眠ったままでげっぷをせず、苦しくて吐いてしまったり泣いたりするようなことがなかったのであれば、そのままでよいと思います。
添い乳は、げっぷしないと吐いてしまうような赤ちゃんにはお勧めできません。吐いた物によって誤嚥や窒息を起こす可能性があります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る