母乳を飲むと口からダラダラ吐いてしまいます

母乳を飲むと口からダラダラ吐いてしまいます

生後1週間になる息子は、母乳を飲ませて寝かせると、口からダラダラと母乳を吐いてしまいます。ゲップは、するときとしないときがありますが、どちらにしても吐いてしまいます。母乳の飲ませすぎなのでしょうか? 授乳のときには、片乳10分弱くらいずつ吸わせています。

専門家の回答

食道と胃の接合部を「噴門」といいますが、赤ちゃんはこの噴門のしまりがゆるいので、飲んだものが逆流しやすいのです。授乳後すぐ横にすると、逆流してだらだらと吐いてしまいます。授乳後はしばらくたてに抱いておくか、寝かせる場合には少し上半身を高めにした方がいいでしょう。月齢が進むとともに噴門が締まってくるため、逆流もなくなり、あまり吐かなくなります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る