あくびや向きを変えるときに下唇が下がります

あくびや向きを変えるときに下唇が下がります

もうすぐ2ヶ月になる娘は、生後2週目に入るころから、左右に向きを変えるとき、向く方向に下唇が下がるようになりました。首がすわっていないので、向きたい方向の下唇に力が入り、下がるのかと思うこともあります。しかし、あくびをするときなどにも、ときどき左右の下唇が下がります。
出産した病院に行き、超音波検査などで脳の様子を調べていただきましたが、問題はありませんでした。成長とともに治るのか心配しています。出産は帝王切開でした。

専門家の回答

口角が下がる病気に、「口角下制筋欠損症」があります。口角を下に引く作用をする「口角下制筋」が生まれつき欠損していたり、低形成になっている状態です。たとえば、右の口角下制筋欠損症であれば、泣いたときなど口を大きく開けるときに、右の口角が下がらず、正常な左の口角が下がります。しかし、成長とともに口周囲の他の筋肉が代償していくため、目立たなくなります。したがって、特別な治療は行わず、経過観察になります。
ご質問の赤ちゃんが、向きを変えるときに力を入れる方向の下唇が下がるのは、この口角下制筋が作用していると考えられますし、あくびのときに左右の下唇が下がるのも、あくびで大口を開けるために、両側の口角下制筋がしっかりと作用していると考えられますので、心配はいらないでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る