ミルクを足す量はどのように判断したらいいの?

ミルクを足す量はどのように判断したらいいの?

生後2カ月半の子に母乳をあげた後、毎回ミルクを足しています。1カ月健診までは産院に言われた量を、その後は市の家庭訪問のスタッフの方に言われた量を足していました。その後、乳腺炎になってしまったため、現在は乳房マッサージに通っている助産院に言われた量(70ml)を足しています。
このように、今までは専門家の方に言われるままにミルクを足してきましたが、今後はどのようにミルクの量をコントロールしていけばいいのか、毎回同じ量を足した方がいいのか、時間によって足す量を変えた方がいいのかなど、迷っています。

専門家の回答

ミルクを足す量は、お子さんの体重増加の状態を見て、指導されたものと思います。生後2カ月半であれば、おなかいっぱいのときにはミルクを飲み残します。逆に、飲み足りなければ、泣いたりして要求しますし、次の授乳までの間隔が短くなったりします。
現在ミルクを70ml足して、授乳間隔が3時間くらい空いているのであれば、現在のリズムを続けて、通われている助産院で体重増加を見てもらうとよいと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る