母乳は大丈夫なのに、ミルクは吐きます

母乳は大丈夫なのに、ミルクは吐きます

3ヶ月になる娘は母乳育児ですが、今まで4回ミルクをあげたことがあります。初めてミルクをあげたのは1ヶ月半くらいのときでしたが、特に哺乳瓶やミルクを嫌がる様子もなく、たくさん(約120cc)飲みました。しかし、飲んでから約2時間後に、大量に吐き戻してしまいました。
2回目にあげたのは2ヶ月半の頃ですが、このときは前回の経験を踏まえて少量(約60cc)あげたのですが、また2~3時間後に大量に吐き戻しました。3回目と4回目も、飲む量は少量なのに吐いてしまいました。
「ミルクを飲むときには、母乳時よりも空気もたくさん飲み込む」と聞いたことがあったので、ミルクを飲んだ後には、毎回念入りにげっぷも出させていました。ずっと母乳で育ってきたために、ミルクは受け付けない体質になってしまったのでしょうか?

専門家の回答

このご質問から考えられる最も可能性の高い原因は、「ミルクアレルギー」です。食物アレルギーの場合、吐く、下痢をする、血便が出る、発疹が出現する、などの症状があります。
お子さんには、吐くことのほかに、症状はありませんでしたか? 小児科を受診し、ミルクアレルギーの検査についてご相談ください。受診までの間は母乳のみにし、ミルクは控えた方がよいでしょう。
検査の結果、ミルクアレルギーだった場合は、母乳を続ける、ミルクを与える場合はアレルギー対応のミルクにする、という方針になるでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る