「股関節開排制限」を指摘されました

「股関節開排制限」を指摘されました

3ヶ月健診で、股関節の開排制限を指摘されました。診察の結果、抱っこの工夫などでの経過観察となりましたが、日常生活では、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?
かなりひどい向き癖があり、その逆側の股関節の開きが固いようです。今後、悪化することは、あるのでしょうか?

専門家の回答

ガニ股のポジションにするのが、お薦めです。股オムツを使って股部分を厚めにし、ガニ股で抱っこするようにしましょう。
片方の股関節開排制限があると、体がやや傾くため、頭の強い向き癖を伴うことがあります。股関節は、大腿骨の骨頭とそれを覆うような骨盤の臼蓋で構成されていますが、成長段階にありますので、経過を診ることが非常に大事です。
次回の診察日を忘れず、きちんと定期的に受診していきましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る