笑うと目と口の動きが左右非対称になります

笑うと目と口の動きが左右非対称になります

生後3カ月の子が最近よく笑うようになったのですが、笑うと目と口の動き方が非対称になり、顔の左側が引きつったような表情をします。いつも右側ばかり向いているので、頭の形が非対称になっているのだろうか、もともと左側の発達が遅いのだろうか、などと心配になってしまいます。今後治っていくのかどうか、とても心配です。

専門家の回答

人間の運動発達の原則の1つに、左右対称があります。つまり、身体の右側と左側が同じように発達するのです。動きに左右差がある場合は、神経や筋肉の障害の可能性を考えます。ご質問を拝見すると、「顔面神経麻痺」などの神経麻痺や「口角下制筋欠損症」などが考えられます。または、もともと人間の顔が左右対称ではないため、動きの差が強く感じられるのかもしれません。ちょうど3カ月児健診の時期ですので、その機会を利用して一度小児科医に診てもらうといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る