首にしこりが2個できています

首にしこりが2個できています

もうすぐ4ヶ月になる娘について質問します。2ヶ月半くらいのときに首を支えていたら、右の首筋にしこりがあるのに気づきました。小豆くらいの大きさで、触るとプニプニして痛がったりはしません。
先日予防接種で先生に聞いてみたら、「軟骨かもしれない。しこりが大きくなったら専門医に診てもらうように」とのことでした。ところが、今日触ったらしこりが2個になっていることに気づきました。
専門医の先生に診てもらった方がいいですか? その場合は、小児科になるでしょうか?

専門家の回答

この時期に気が付く首の柔らかい小さなしこりは、まず「リンパ節」が考えられます。乳幼児は皮膚が薄く、脂肪などの皮下組織も厚くないため、リンパ節に触れやすくなるのです。小さなリンパ節は普段からあるもので、風邪や中耳炎などで腫れてきます。
予防接種時に、医師に「軟骨かもしれない」と言われていることから、次に考えられるのが「鰓弓(さいきゅう)痕跡」です。これは胎齢4週に発生し、人間の祖先が魚と同じく水中で生活していた名残です。
魚はこれがエラになっていきますが、人は週数とともに退化消失し、顔面や上気道を形成していきます。しかし、その消えるべき鰓弓がそのまま残って生まれると、耳の前方に小さな穴ができたり、首にしこりのような小さい軟骨ができたりします。
小児科医で触診してもらうとそのしこりが何か分かるので、受診の際にでも相談されるといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る