元気なのに、急に哺乳量と授乳回数が減りました

元気なのに、急に哺乳量と授乳回数が減りました

生後5カ月半のわが子は5日ほど前から、母乳、ミルクともに飲む量が減っています。母乳は片胸を3~5分ほど飲むと口を離し、のけぞって拒否します。おなかがすくまで待ってみようとすると6時間はあき、1日の授乳回数が約4回になってしまいます。夜は、10時間あくこともしばしばです。
母乳が嫌なのかと思い、ミルクに替えてみても、100~160mlくらいしか飲みません。特に、機嫌と排泄に変わりはないのですが、このままでいいのか心配です。出生体重は2,700g、現在の体重は7,200gです。体重は新生児期より緩やかではありますが増えています。歯はまだ生えていません。このまま様子を見ていても大丈夫でしょうか?

専門家の回答

小児科医の乳児の体重の覚え方として、「5カ月7kg」があります。現在5カ月で7,200gなら、理想的な体重と言えます。哺乳量もこのくらいの時期には減ってきますし、飲みムラもあり、急に飲まなくなってしまうことがあります。しかし、機嫌や活気がいつもと変わらないなら、慌てて受診をしなくてもよいと思います。また、生後5カ月でしたら、そろそろ離乳食を開始していただきたい時期です。1日1回、日中に離乳食をあげるようにしてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る