新生児のころの注射の傷跡が消えません

新生児のころの注射の傷跡が消えません

生後6カ月になる息子は、生まれたときに「新生児メレナ」になりました。今はなんともなく元気です。当時、点滴のために血管を探し、うまく注射ができなかったので、手の甲に3カ所ずつ、脚にも3カ所くらい針を刺した跡ができました。病院側は、うまくできなかったことを謝ってくださいました。とはいえ、もう生後6カ月になるのに、針の跡があざのように残っています。このあざは、ずっと残ってしまうのでしょうか?

専門家の回答

新生児の血管は細く脆いため、点滴の際に適切な血管を見つけにくかったり、血管に針が入っても、点滴の薬が血管から漏れてしまったりすることが多いです。実際に傷を見てみないと何とも言えませんが、針の跡は、一般的には薄くなって目立たなくなっていくと思いますので、様子を見ていかれるといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る