流産後に大きくなった卵巣は自然に元に戻りますか?

流産後に大きくなった卵巣は自然に元に戻りますか?

2人目を妊娠しましたが、胎嚢しか見えないため、流産と診断されて手術を受けました。それから1ヶ月後に月経が来て、順調に回復していると思っていましたが、2週間後に診察を受けると、担当医の先生から「左の卵巣が大きいな~」と言われました。「手術後にはよくあることだから」とのことで、何も症状がなければ、3ヶ月後に再受診することになりました。
卵巣の大きさは、自然に元に戻るのでしょうか? 妊娠を希望しているので、3ヶ月後の受診で大丈夫なのかと、少し心配になっています。

専門家の回答

月経の2週間後に卵巣が大きくなっている、という指摘から考えると、排卵後の卵胞内に出血が溜まり、卵巣が腫れて大きくなっているのではないかと思います。これを「出血性黄体嚢胞」と言います。この場合、次の月経後には消失しますので、痛みなどの症状がなければ、様子を見て大丈夫でしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る