鼠径ヘルニアで出産が心配です

鼠径ヘルニアで出産が心配です

子どもの頃、鼠径ヘルニア※でした。大きくなれば治ると医師に言われ、今はほとんど症状がありません。しかし、出産時にいきんだ場合など、再発しないでしょうか?
※鼠径ヘルニア
鼠径部(腿のつけ根)の部分に腸などの臓器が飛び出し、突き出してくる病気。乳幼児に多く見られるが、成人にも多い。

専門家の回答

鼠径ヘルニアは子どもの頃になったかどうかに関わらず、妊婦さんにもたまに見られます。妊娠中には筋肉がゆるみ、大きくなった子宮にも圧迫されるため、鼠径部に腸が脱出してくることがあるのです。
再発が気になる場合でも、圧迫して腸が出ないように対処できますので、出産時にも特に問題はないでしょう。産後に関しては、自然に筋肉がしまってきますし、子宮による圧迫もなくなるので、こちらも問題ありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る