「羊水過少症」は繰り返しますか?

「羊水過少症」は繰り返しますか?

つい先日、妊娠22週の定期健診で「羊水過少症」と診断され、死産しました。羊水過少の原因は不明で、破水はしていなかったようです。胎盤にも異常はないそうで、子どもの腎臓と膀胱も確認できた、とのことでした。初めての子だったこともあり、早くまた赤ちゃんを授かりたいという思いが強くあります。<病院からは「次の妊娠を試みるなら、3回生理を見てからにしてください」とのお話がありましたが、その前に妊娠してしまうと何か赤ちゃんに影響が出るのですか? また、次も同じように、羊水過少症になる確率は高いですか?

専門家の回答

羊水過少症は、羊水量が異常に少ないもので、出現率は1~2%と言われています。胎児尿の生産、あるいは排泄減少によることが多く、腎尿路系の異常や胎盤機能不全による胎児の腎血流量の減少により、尿量が減少すると言われています。また、胎児の染色体異常を伴うことが多いです。3回生理を見てからの妊娠は、ホルモン的にも精神的にも、落ち着く頃に妊娠した方が良い、という意味ですすめられたのでしょう。その前に妊娠しても、問題があるわけではありません。また、羊水過少症の反復については、その原因にもよりますが、確率は高くないと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る