絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)は繰り返すの?

絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)は繰り返すの?

昨年10月に、妊娠17週で中絶しました。初診の5週から「血の塊がある」と言われ、安静にしていたのですが、少し動くと出血が止まらず、1カ月間入院しました。しかし、「輸血が必要になる」と言われ、妊娠継続を諦めてしまいました。次の妊娠を望んでいますが、絨毛膜下血腫は繰り返すのでしょうか? また、予防はできるのでしょうか?

専門家の回答

出血を伴った妊娠初期の切迫流産では、赤ちゃんの入っている袋(胎嚢)の外側に子宮内出血を見ることがあり、これを「絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)」といいます。切迫流産の11~18%に見られます。この血腫があってもなくても流産率は同じと言われていますが、血腫が大きい場合には、慎重に管理します。「輸血が必要になる」という理由で中絶したとのことですが、それは前置胎盤による出血だったのではないでしょうか? 妊娠5週からの絨毛膜下血腫では長すぎますし、輸血まで心配されるものはまずないと考えます。いずれにしても、次の妊娠でもこの症状を繰り返す心配はまずないでしょう。予防としては、妊娠初期に無理をしないことくらいで大丈夫です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る