絨毛膜下血腫で稽留流産を繰り返しています

絨毛膜下血腫で稽留流産を繰り返しています

今までに4回、稽留流産をしています。どれも妊娠3カ月で絨毛膜下血腫になり、強めの止血剤を飲んだ後に、流産しています。
妊娠後はほとんど家事もせず、子どもたちの世話もしないで横になっているのですが、なぜ同じ症状を繰り返してしまうのでしょうか? 予防する方法はありますか?

専門家の回答

既に亡くなった胎児が、子宮内に停滞している状態を「稽留流産」と言います。絨毛膜下血腫の場合、大きいものなら流産の原因になることもあるでしょう。しかし、流産を3回以上繰り返しているなら、習慣性流産の可能性も考えられるため、原因を検査された方がよろしいかと思います。
原因には、夫婦の染色体や内分泌学的要因、免疫学的要因、感染症など、多様なものがあります。何が原因になっているのか、検査によって詳しく調べられた方がいいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る