年齢と2度の初期流産は関係があるのでしょうか?

年齢と2度の初期流産は関係があるのでしょうか?

初期流産を2度経験し、どちらも手術で摘出しました。血液やホルモン値の検査では、特に問題はありませんでした。現在38歳で、産院の先生は「年齢的なものもある」とおっしゃいましたが、次の妊娠は望めないのでしょうか?
生理周期が40日~50日とだんだん長くなり、排卵日の予測も困難な状況です。「また流産してしまうのでは?」と思うととても怖く、妊娠できる年齢のタイムリミットを考えるとあせりも感じます。流産の原因が分からず、とても不安ですが、やはり年齢の影響は大きいのでしょうか?

専門家の回答

自然流産の原因は、胎児側または母体側にあることもありさまざまですが、明確には分からないことが多いです。一般に、流産の発生率は10~15%とされています。連続2回の「反復流産」の発生率は2.3%で、原因は胎児側にある可能性が高く(偶発的な受精卵の染色体異常など)、自然淘汰であるとされています。反復流産までは、偶発的な流産である可能性が高く、次の妊娠の流産率は20~30%くらいです。3回連続は0.34%とされ、この場合、「習慣性流産」と診断されます。
たしかに、母体年齢が高くなるほど流産率は高くなりますし、胎児染色体異常の確率も高くなります。しかし、最近は精神を安静にすることで、原因不明の流産を回避できるという知見もあります。反復流産の原因について気に病むより、前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る