軽度の心疾患があり2人目の出産が不安です

軽度の心疾患があり2人目の出産が不安です

2歳の娘がおりますが、夫は2人目を望んでいます。私も同じ気持ちですが、まだ踏み切れずにいます。
私には、先天的に軽度の心室中隔欠損症があり、娘の出産時には担当医と相談し、自然分娩を選択しました。しかし、出産直後には血液の短絡量が増加し、非常に危険な状態でした。現在、症状は落ち着いています。
この病気が心配で、2人目の妊娠を躊躇してしまいます。1人目と同じように、2人目の出産時にも心臓に負担がかかり、同じ症状が現れる可能性は高いのでしょうか?

専門家の回答

心疾患合併妊娠は、妊産婦死亡につながる合併症としては、重要な疾患です。妊娠中は、たとえ正常な経過の妊婦さんでも、母体の心肺機能に生理的変化が生じて循環血流量が増加するため、心臓に負担がかかるものです。
心臓に最大の負担がかかる時期は、妊娠28~32週ごろ、分娩時、分娩直後です。分娩直後は、胎盤娩出、子宮復古、骨盤内血液循環量の減少によって、心臓に戻る血流量と心拍出量が急激に増加し、急性心不全になることもあります。
第2子の妊娠・分娩時にも、同じ症状が現れることがあるため、現在、心疾患の病変が安定しているか、心機能の予備力があるかなどの状態を踏まえ、妊娠・分娩時のさまざまな血液循環の変化に対応できるかなど、担当医とよく相談してから、第2子の妊娠計画を検討された方がよろしいかと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る