親の感染症はお風呂でうつる?

親の感染症はお風呂でうつる?

現在生後3カ月の子どもがいます。妊娠中にクラミジアとB群溶連菌に感染しているといわれ、クラミジアは薬を処方されて飲みました。B群溶連菌に対しては、出産時に抗生剤の点滴を受けました。それからは何も治療はしていません。
 子どもとお風呂に入っているのですが、お風呂で私の病気が子どもに感染しませんか? 前の出産のときから、お風呂から出ると腟からお風呂の水がたれてくることがよくあります。また、お風呂で入りながらおっぱいを飲むこともあるので心配です。

専門家の回答

クラミジアは、初期にはあまり目立った自覚症状はないのですが、進行すると腟から子宮、卵巣へと感染が広がり、炎症を起こすこともあります。出産時に感染していると、赤ちゃんに産道感染して、結膜炎や肺炎を起こすこともあるため、出産までに抗生剤を服用して治療します。
 B群溶連菌は腟内の常在菌でもあり、通常はおりものなどの自覚症状がなければ、特に治療もしません。ただし、分娩時には注意を要する菌です。胎児への感染率は低いですが、産道感染した場合には、生後まもなく肺炎や髄膜炎などを引き起こし、危険な状態になることがあるからです。
 ただし、これらの病原体の出産後のお子さんへの感染については、気にすることはないでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る