産後、おへその下が痛みます

産後、おへその下が痛みます

先日の産後1カ月健診では、子宮はほぼ元の大きさに戻っていると言われました。しかし、おへその下あたりがときどきキリッと痛みます。そこを指で押さえると周辺に筋肉のような硬さを感じ、痛みます。寝た状態でその部分に触っても、脂肪が手に触れるためか、痛みは感じません。
病院で相談したところ、先生は「皮膚がつっぱっている痛みで、病的なものではないだろう」とおっしゃいました。しかし、1人目の出産後にはこんな痛みはなかったため、ちょっと心配になっています。このような症状は、産後によくあることなのでしょうか?

専門家の回答

産後1カ月健診で問題がないなら、順調に経過しているものと思います。
おへその下付近に感じる痛みには、いくつかの原因が考えられます。妊娠によって大きくなった子宮に圧迫された腹直筋(胸下から恥骨にかけて走る前腹筋)が伸びて解離していることがあり、その部分が痛くなること。便秘をしていたり腸管ガスがたまっていると、腸の内容物を排泄するために腸が収縮して痛くなること。また、ときどき起こる子宮の収縮によって、つるような痛みを感じることなどです。
いずれにしても、自然に消失していくと思いますが、2~3カ月経過しても改善しなかったり、症状が強くなっていくようなら、もう一度受診された方がいいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る