湿疹が広がり、かゆくて眠れないことがあります

湿疹が広がり、かゆくて眠れないことがあります

初めての妊娠で妊娠10週です。妊娠9週目ごろから太ももにポツポツと湿疹が現れ、かいているうちに、どんどん肌が荒れてしまいました。その後、数日間で湿疹が脚、お尻、腰、背中、腕にも広がり、常にかゆみとの戦いです。かゆくて夜も眠れないことがあります。
妊娠前には一度もこのような肌トラブルはなく、アレルギーもなかったため、ホルモンの影響なのかなと思っています。このような症状は、徐々に良くなるのでしょうか? また、妊娠中のかゆみや肌荒れ対策の良い方法があれば、教えてください。

専門家の回答

妊娠中は、ホルモン分泌や皮脂分泌の増加によって、にきびや肌荒れが生じやすくなります。また、皮膚が敏感になり、乾燥もしやすくなります。そのため、妊娠性の湿疹や掻痒症(そうようしょう)が生じやすくなるのです。
入浴時は皮膚をタオルでこすらず、刺激の少ないせっけんをよく泡立てて、手のひらでなでるようにして洗いましょう。入浴後には、必ず保湿剤を塗りましょう。また、締めつけの強い服は避け、コットン素材の服を身につけるようにしましょう。生活リズムの乱れとストレスの蓄積も症状を悪化させる要因になりますので、規則正しい生活習慣とリラックスを心がけましょう。
現在は、皮膚が掻き壊されて皮膚のバリア機能が損傷し、さらに悪化している状況かと思います。早めに皮膚科を受診し、相談されることをおすすめします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る