妊娠ごとに風疹抗体価は変わるの?

妊娠ごとに風疹抗体価は変わるの?

3人目妊娠中で、今妊娠13週目です。1人目のときの風疹抗体価が128倍で、2人目は正常値で何も言われなかったのですが、今回は256倍で再検査になりました。前回妊娠時の数値が正常値でも、次の妊娠で変わることはあるのですか? 前回の妊娠からは、特に体調の変化はなかったのですが、再検査と言われ、とても不安です。

専門家の回答

一般に、風疹抗体価が512倍以上陽性の場合は、最近感染した疑いが考えられるため、症状の有無を調べたり、感染後急性的にできる「特異的風疹抗体IgM」を測定することにより、診断を進めます。ただし、このIgM抗体価が陽性だとしても、最近の感染かどうかを正確に判断できるわけではありません。風疹抗体価は、2週間後の再検査で4倍以上の上昇があると、再感染の可能性も含めて要チェックになります。この方の場合も、512倍以上なら以前と比べて4倍以上の上昇ですので、再検査が必要になります。256倍ですので、大丈夫でしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る