排卵障害だったのに自然妊娠しました

排卵障害だったのに自然妊娠しました

現在36歳です。7年前に長男を自然妊娠で出産して以来、脳下垂体性排卵障害で無月経無排卵でした。自発的な月経、排卵は出産以降一度もなく、ホルモン剤(プレマリンやプラノバール)を飲んで生理を起こしていました。ホルモン剤を止めると、生理はきませんでした。
その間に何度か排卵誘発剤で排卵させて、タイミング法を試しましたが、妊娠しませんでした。妊娠はあきらめて、1年間ホルモン剤を飲んで生理を起こす治療をし、1年たったので試しにホルモン剤を止めました。ホルモン剤の服用での生理の最終は3月で、ホルモン剤を止めた4月と5月には生理がきませんでした。基礎体温をつけていましたが、排卵した形跡もありません。
6月は低温期とも高温期ともいえない、中温期のような状態がダラダラと続き、ときどき低温期を示す日も何日かありました。結局6月も生理はきませんでしたが、基礎体温が上がり始めて胸が張ったり、急に太ったりして体調が悪くなり、「生理がくるのかな?」と思っていたのですが、念のため妊娠検査薬を使ってみたら陽性でした。
びっくりして、あわてて病院に行くと、妊娠5週目で胎のうが確認され、その2週間後には心拍が確認できました。今は妊娠13週目で、「順調です」と言われています。
妊娠したことはとてもうれしいのですが、同じくらい不安もあります。7~8年ぶりのたった1回の自然排卵で運良く妊娠したと思うのですが、そんな状態で私の卵子は健康なのでしょうか? 生まれてくる子に障害の可能性は考えられますか?
障害があったとしても、受け入れようと思っていますが、その可能性があるのなら早めに心の準備をしたいと思います。

専門家の回答

自然妊娠ができてよかったですね。今まで続けられてこられたホルモン治療が功を奏して、自然妊娠ができたのではないかと思います。生まれてくるお子さんの障害のリスクですが、排卵障害だった卵子が原因することはまずありません。
妊娠経過も順調なようですし、高齢出産のリスクはありますが、まずは心配ないと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る