タバコのにおいも妊娠に影響しますか?

タバコのにおいも妊娠に影響しますか?

妊娠5カ月に入りました。私自身は喫煙経験がないのですが、夫は喫煙しています。
夫は部屋の中では絶対に吸いませんが、喫煙直後の夫の近くを通るとタバコの臭いがします。また喫煙席のあるお店に入ると、その場にタバコを吸っている人がいなくても、臭いが気になります。
煙を吸わなくても、タバコのにおいも胎児に影響するのでしょうか?

専門家の回答

タバコの煙は、胎児に深刻な悪影響を及ぼします。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血流を低下させるため、胎児に十分な酸素や栄養が行き届かず、流早産、胎内発育不全、乳幼児突然死症候群などの発生率も高くなります。
タバコの副流煙(タバコの火がついた部分から立ち上る煙)は主流煙(喫煙者が直接吸い込む煙)よりも有害物質を多く含むため、母親が吸わなくてもそばで喫煙されることによって、悪影響が及ぼされます。
服や部屋にしみついたタバコにおいによる胎児への悪影響に関しては、まだ十分なデータはありません。しかし、タバコのにおいがしみついた場所に長時間いることは、やはり妊婦にとって望ましい環境とは言えません。タバコのにおいのする場所はなるべく避け、換気に努められることをお勧めします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る