切迫早産の危険がある場合、自転車に乗り続けてはいけませんか?

切迫早産の危険がある場合、自転車に乗り続けてはいけませんか?

現在17週、第2子妊娠中です。
前回の妊娠時、妊娠32週の健診で切迫早産のおそれがあるということで妊娠37週まで入院し、ずっと張り止めの点滴を受けていました。今回はまだ特に気になることはないのですが、便利に使っている自転車に乗り続けるのはいけないのかと疑問に思っています。
先日の健診で助産師さんには、「前回のことがあるからやめたほうがよい」と言われました。自分でもまずいとは思うのですが、やはり、いけないことなのでしょうか? その通り!といわれそうなくだらないことなのですが、おたずねしたいのですが……。

専門家の回答

2回目の妊娠経過も前回と同じ経過になりやすいので助産婦さんの言われたとおりやめておいたほうがベターです。
一般に自転車は体にその振動が伝わったり、ペダルを踏むことで腹圧もかけたり、また事故にまきこまれる可能性もあるので妊婦さんにとって好ましい乗り物とは思えません。どうしてもの時だけにしたらどうでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る