胎児の腎盂肥大の可能性を指摘されました

胎児の腎盂肥大の可能性を指摘されました

妊娠27週3日です。本日の妊婦健診で「胎児の腎盂がやや大きめではないか」と指摘され、大きな病院を紹介されました。腎盂肥大とは、どのような状態を指すのでしょうか? 39歳で高齢の妊娠であることも、関係していますか?

専門家の回答

腎臓から出た尿が集まるのが、一番内側の「腎盂」という部分です。ここから尿管、膀胱を通って排尿されます。この部分が肥大している場合、尿路の閉塞による水腎症を疑います。程度によっては、出産後に外科的治療をおこなう必要があるものもありますが、経過観察をして、生後1年以内には自然に消失することが多いようです。両側に水腎症があるか、羊水過多を伴っていないか、他の合併症や染色体異常はないか、といったことによっても治療の方針は異なります。また、腎盂肥大は高齢での妊娠とは関係ありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る