胎児水腎症と診断されました

胎児水腎症と診断されました

妊娠19週のときに超音波検診を受け、「胎児の腎臓が腫れている」と言われました。この週数の割に、腎臓が大きく見えているとのことでした。なぜこうなってしまったのか、わかりません。私自身の生活に問題があったのでしょうか?
出産までに自然に治ることはありますか? 出産後、赤ちゃんに痛い思いをさせるのではないかと心配です。

専門家の回答

尿路系に閉塞があるか狭いところがあると、尿が腎臓から膀胱へと通過できず、腎臓が腫れて大きくなり「水腎症」になることがあります。しかし、一時的に膀胱が拡張して腫れて見えることも多いようです。また、水腎症の場合でも腎盂から尿管の間が狭くなって起こっているものであれば、自然治癒することも多いため治療をおこなわないことも多いです。
しかし、腎臓の腫れが非常に大きくなったり羊水量が少なくなると、妊娠中でも治療(手術)をおこなう場合もあります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る