臍帯炎の可能性があると言われました

臍帯炎の可能性があると言われました

妊娠29週の高齢初産婦です。超音波検査で「週数のわりに臍帯が太く、臍帯炎の可能性がある」と言われ、採血でウイルスの検査をしました。結果が出るまで、3週間前後かかります。採血の炎症反応と腟の培養は(-)でした。臍帯炎によって、赤ちゃんに与える影響や障害がないかなど、とても心配です。

専門家の回答

絨毛膜や絨毛血管に炎症が生じて「臍帯炎」に波及すると、臍帯血流がうっ滞します。すると、臍帯全体が膨張した状態になり、静脈が拡大して太くなると考えられています。臍帯は、胎児の最も大切なライフラインですが、このような臍帯血管の循環障害が生じると、胎児切迫仮死、胎児胎内発育遅延、胎内死亡などにも注意が必要となります。今後は、超音波検査によるパルスドップラー法(断層画像で患部の血管の状態を確認し、血液量を精密に検査する方法)で臍帯血流の状態を観察していくことになるでしょう。医師の指示にしたがって、受診してください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る