全前置胎盤ですが、自慰をやめられません

全前置胎盤ですが、自慰をやめられません

妊娠32週に入りました。先週MRIで「全前置胎盤」と診断され、妊娠37週に帝王切開の予定になりました。今まで出血はなく、子宮頸管長の短縮などはありません。胎児は週数相当です。
夫から安全を考えて出産まではセックスを控えたほうがいいと言われ、おこなっていません。でも、私はなぜか性欲が増し、どうしても週に2、3回自慰をしてしまいます。毎回絶頂に達して、その後に子宮が3分くらい硬くなり、だんだん戻ります。自慰後はリラックスして精神的にも安定するので、よく眠れます。全前置胎盤で自慰をするのはよくないと思っていますが、やめられません。やはり、やめるべきなのでしょうか?

専門家の回答

自慰行為後には子宮が収縮するため、特に全前置胎盤の場合は、原則的にはしないほうがよいと思います。パートナーとのスキンシップだけでも精神的に安定することもありますので、自慰以外でリラックスできる方法を考えてみてもよいかもしれません。
全前置胎盤は、何の前兆もなく突然の大出血で救急受診し、緊急帝王切開となることもあります。妊娠32週にはそうしたことも珍しくありませんので、ご注意ください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る