帝王切開の創部が薄くならないように気をつけるべきことは?

帝王切開の創部が薄くならないように気をつけるべきことは?

上の子を緊急帝王切開で出産した後、1年空けて2人目を妊娠中です。現在、妊娠33週なのですが、先週の健診で前回帝王切開の創部が0.7mmだと言われました。できるだけおなかが張らないようにと張り止めを飲んでいますが、私はもともとおなかが張りやすく、張るときに痛みを伴うことがほとんどです。
産休に入り、今までよりはゆっくり過ごせていますが、これ以上創部が薄くなったら、入院になる可能性もあるのでしょうか?

専門家の回答

帝王切開後の子宮筋層創部の厚みについては、何mm以下から入院や帝王切開になるなどの明確な決まりはありません。ただし、筋層が薄いと切迫子宮破裂のリスクが高くなりますし、妊娠週数とともに子宮が大きくなり、筋層も伸びてさらに薄くなる可能性はあります。
おなかが張っているときやそれ以外のときでも、子宮の下部の横の傷に沿って圧痛を強く感じる場合には要注意です。度々おなかが張ったり、痛みが強くなったりするようでしたら、早めに受診しましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る