B群溶連菌検査で陽性となり、赤ちゃんに感染しないか心配です

B群溶連菌検査で陽性となり、赤ちゃんに感染しないか心配です

妊娠37週を迎えた妊婦です。先日、病院で受けたB群溶連菌検査の結果が陽性でした。そのため、出産時には点滴をし、赤ちゃんへの感染を防ぐ処置をするとの説明を受けました。病院の先生からは、妊婦には珍しいことではなく、1割から3割ほどの方に陽性結果が出ることがあると伺いました。
それでもやはり赤ちゃんへ影響が出ないかと、とても不安を感じています。また、点滴が赤ちゃんや母乳に及ぼす影響、いずれ赤ちゃんと一緒にお風呂に入っても問題ないのか、ということも気になっています。

専門家の回答

B群溶連菌(GBS)の産道感染による新生児感染はまれですが、いったん感染すると重症化する確率が高くなるため、予防が大切です。妊婦の保菌者は10~30%とされ、4%以下に新生児GBS感染が発症します。

妊婦が保菌している場合、分娩時に抗生物質を静脈内投与することにより、新生児GBS感染の発症を減少させることができます。このときに使用する薬剤による、赤ちゃんや母乳への影響は問題ありません。また、母親自身が感染を起こすことは稀ですので、赤ちゃんとお風呂に一緒に入っても問題ありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る