胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎の診断後、妊娠が判明しました

胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎の診断後、妊娠が判明しました

胃痛が続き、先週の月曜日に胃カメラをしました。我慢していたせいか、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎になっていました。3週間入院した方がよいと言われましたが、入院できる状態ではなく、点滴と薬で治療することになりました。
また、妊活中でもあり、生理が数日遅れていて、検査薬をしたら、陽性反応でした。胃カメラをおこなった月曜日1日だけ点滴と薬を服用して、薬をやめ、木曜日に産婦人科に行くとやはり妊娠4週目でした。
つわりのような症状と潰瘍のせいでかなり体がきついです。
妊娠中に胃潰瘍などになって赤ちゃんに影響はないのでしょうか?やはり薬も飲めないのでしょうか?

専門家の回答

胃潰瘍自体は赤ちゃんに対して影響はありません。薬に関してですが、妊娠中、プロトンポンプ阻害薬のうち使えない薬剤があります。胃粘膜保護剤は使用可能です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る