妊娠初期の出血は前の流産のせい?

妊娠初期の出血は前の流産のせい?

2年前に第一子を出産しました。今年のはじめに再び妊娠しましたが、稽留(けいりゅう)流産をしました。その後、生理が一度あって、また妊娠し、現在妊娠9週目になります。
4週目くらいからおりものに血が混じっているような出血が何度かあり、その度に止血剤を使うと治まるのですが、薬をやめるとまた茶色いおりものや、時には赤い血の混ざったようなおりものがでます。
赤ちゃんの心拍も確認できて順調に育ってはいるのですが、いつまた流産してしまうかと心配です。出血の原因は前の流産と何か関係があるのでしょうか? 年齢は29歳です。

専門家の回答

前の妊娠とはまず関係ないと思います。出血と止血を繰り返しているのは、「絨毛膜下血腫」といって、胎のう(赤ちゃんの入っている袋)の外側、つまり絨毛膜と脱落膜(子宮内膜)との間に起こった出血のせいだと思われます。この出血は、切迫流産の11~18%にあるといわれ、症状が少々長引いたり、また血腫が大きいと流産を起こすことがあります。
安静にして慎重に経過をみることが必要です。胎児心拍も確認されているとのことですので、なるべく安静に寝ていたほうがよいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る