「え、そんな事が…」 息子がされてきたいじめを報告すると、担任の先生が驚愕の態度で… #僕は加害者で被害者です 30

「僕は加害者で被害者です」第30話。小学2年の息子・フミヤは、傷付けてしまったお友だち・モリオくんに、いじめられていたことが判明。その事件以来の登校になる朝、フミヤは「ママ……僕、やっぱり学校に行きたくない。行きたくないよ……」と訴えます。

学校を休んでいいと伝えたフミヤの母。そして「その代わり、ママが今から学校に行ってモリオくんのこと、先生に話してくるから」と言うと、フミヤは少し不安そうな顔をしながらも、「わかった」と答えて……。

 

担任の先生との面談が始まり…

僕は加害者で被害者です30_1

 

僕は加害者で被害者です30_2

 

僕は加害者で被害者です30_3

 

僕は加害者で被害者です30_4

 

 

僕は加害者で被害者です30_5

 

僕は加害者で被害者です30_6

 

僕は加害者で被害者です30_7

 

僕は加害者で被害者です30_8

 

 

僕は加害者で被害者です30_9

 

僕は加害者で被害者です30_10

 

僕は加害者で被害者です30_11

 

僕は加害者で被害者です30_12

 

 

僕は加害者で被害者です30_13

 

僕は加害者で被害者です30_14

 

僕は加害者で被害者です30_15

 

僕は加害者で被害者です30_16

 

 

僕は加害者で被害者です30_17

 

僕は加害者で被害者です30_18

 

「フミヤくん、何か話してくれましたか?」

 

担任の先生に聞かれ、フミヤの母は、フミヤが話してくれたことを全て打ち明けました。

 

「え……そんな事が……」

 

担任の先生は、何も知らなかったらしく驚いている様子で……。

 

「すぐに生徒から聴取しますので、少しお時間をください。後ほどお電話する形でもよろしいですか?」と、言ってくれました。

 

面談を終えた後、フミヤの母は、これから生徒に聞いてくれることになったことをフミヤの父に伝えます。

 

フミヤの母にはもう一つ気がかりが……それは、またモリオくんの両親と話し合うことになるのではないかということ。

 

「あの親は黙ってないだろうなぁ。フミヤは大丈夫なのかな」フミヤの母は不安を口にします。すると……。

 

「そうなったとしても、前回とは全然立場が違うさ。今回は事情もちゃんと把握できている」
「子どもたち2人が何をしたか把握して、反省できること、過ちを繰り返さないこと、それを優先すべきことだろ?」

 

フミヤの父は、親同士がメインの話ではないと思うと話します。

 

「相手の親に惑わされるな。子どもたちのことを考えて俺らは強気で構えていればいい」

 

そうフミヤの母に言ったのです。

 

子ども同士のトラブルは、学校の先生が把握できないところでも起こることがありますよね。もし、皆さんだったら、学校の先生にどう伝えますか? 
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    19 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶