【オキシ漬け】普通に洗っても落ちない汚れ…オキシなら一発でキレイ!

2019/05/23 18:00
18
何度も使っているうちに、汚れやニオイが染み付いて、普段どおりに洗ってもキレイにならない物ってありますよね。そんな諦めかけていた汚れやニオイも、万能洗剤として話題の「オキシクリーン」を使った“オキシ漬け”なら一発で撃退できるんです♪
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
住まい
洗濯
そうじ

オキシなら一発でキレイ!

 

ママたちの間でもすっかりおなじみとなった万能洗剤「オキシクリーン」。酵素の分解パワーで頑固な汚れがキレイに落ちて、消臭もできる優れもの!

 

何度も使っているうちに汚れやニオイが染み付いて、普段どおりに洗ってもなかなかキレイにならない物には、「オキシクリーン」を使用した漬け置き洗い、“オキシ漬け”がおすすめです!

 

今回は、汚れやニオイが気になる「タオル」「靴」「チャイルドシートカバー」を、オキシ漬けでキレイにしているという3人のママに、それぞれのオキシ漬け方法を教えてもらいました♪

 

8カ月使い倒した“汚タオル”を一網打尽!

まずは、家を清潔に整えるための情報や掃除テクニックをInstagramで発信している、みーちゃんさん(@ne.ismart)による、「タオルのオキシ漬け」をご紹介します。

 

毎日手を拭くのに使用しているという100均の真っ白なタオル。8カ月間使っていたら、色が変わってしまうほどの“汚タオル”になってしまったのだとか!

 

そんな汚タオルも、オキシ漬けするだけで、購入当時のような白さが復活♪

 

タオルのオキシ漬け

 

タオルのオキシ漬けの手順は以下のとおり。

 

STEP1

タオルのオキシ漬け

 

フェイスタオルくらいのサイズなら、洗面台でオキシ漬けできます。バスタオルの場合は、浴槽で行うのがおすすめ!

 

洗面所に60℃のお湯を溜めたらオキシクリーンを投入し、しっかりと溶かします。そこへ“汚タオル”を入れたら、2〜3時間オキシ漬け。

 

STEP2

タオルのオキシ漬け

 

オキシ漬けが完了したら、タオルをよくすすいで(軽く揉み洗いすると◎)、その後は普段どおり洗濯機で洗濯します。

 

洗濯が終わると、見違えるほどキレイに! 気になっていたニオイも消え、洗濯後の良い香りも復活するそうです♪ 定期的にオキシ漬けすれば、清潔な状態で長く使えますね!

 

サイズアウトした子どもの靴も新品同様に♪

続いて、趣味は断捨離&整理整頓、シンプルな暮らし・持ちすぎない暮らしを目指しているというkayoさん(@_kayo_56)が実践している、「靴のオキシ漬け」です。

 

上のお子さんがサイズアウトした白いスニーカー。泥汚れが目立っていましたが、オキシ漬けでここまでキレイに! 下のお子さんが履けるようになるまで大切に保管するそうです。

 

靴のオキシ漬け

 

靴のオキシ漬けの手順は以下のとおり。

 

STEP1

バケツにオキシクリーンを入れて、シャワーを使って60℃のお湯を溜めます。

シャワーの勢いを利用して、しっかりとオキシクリーンを泡立てるのがポイントだそう!

靴のオキシ漬け

 

オキシクリーンがしっかりと泡立ったら、靴を入れて3時間ほど放置。

子どもの靴は軽いので、浮き上がってきてしまう場合には重りを乗せておくと◎。水を入れて口を縛った袋などでも良いそうです。

 

3時間後、靴の汚れが落ちて、お湯が汚くなっています……!!

 

STEP2

靴のオキシ漬け

 

オキシ漬けのあと、軽くブラシでこするとよりキレイに。小さな子どもの靴は、歯ブラシを使うと細かい部分の汚れも簡単に落ちるそう!

 

STEP3

仕上げにしっかりとすすぎ洗いをします。kayoさんいわく、オキシ漬けで一番大切なポイントが、すすぎ洗いなのだとか!

ヌルヌルがなくなるまで丁寧にすすいで、kayoさんはさらに追加で洗濯機ですすぎ&脱水も行ったそう。

 

靴のオキシ漬け

 

オキシクリーンが残っていると、紫外線により変色してしまうこともあるようなので、干す際には陰干しすると安心です。

 

実は思いのほか汚れているチャイルドシートカバー

最後は意外と見過ごしがちなアレ……!

 

ご紹介するのは、Instagramでお掃除テクニックを発信している、いのさん(@ino3_gram)の「チャイルドシートカバーのオキシ漬け」です。

 

チャイルドシートカバーは車に置きっぱなしにすることが多いので、洗濯の頻度も低いのではないでしょうか? 中にはまだ一度も洗ったことがないという方もいるかもしれません。

 

子どもの汗やよだれはもちろん、食べこぼし飲みこぼしなどで、思っている以上に汚いかもしれないチャイルドシートカバーも、オキシ漬けで清潔に!

 

チャイルドシートカバーのオキシ漬け

 

チャイルドシートカバーのオキシ漬けの手順は以下のとおり。

 

STEP1

チャイルドシートカバーのオキシ漬け

 

バケツにオキシクリーンを入れ、シャワーを使い60℃のお湯で溶かしながら泡立てます。よく泡立ったら、チャイルドシートカバーを投入。

 

STEP2

チャイルドシートカバーのオキシ漬け

 

浮いてくる場合には、上に重りを乗せて2〜3時間放置。

オキシ漬けのあとは、毎回びっくりするくらい真っ黒な汚水になるそうです!

 

仕上げに、洗濯機でもすすぎ洗いをし、よく乾かしたら完了!

いのさんの場合、普段は除菌スプレーをかけ、半年に1度はオキシ漬けで洗っているそうですよ。

 

 

皆さんも、オキシクリーンを使って気になる汚れやニオイを撃退してみませんか? 毎日使うものこそ、定期的なオキシ漬けでラクにキレイを維持しましょう♪

 

 

取材協力/みーちゃんさん(@ne.ismart)、kayoさん(@_kayo_56)、いのさん(@ino3_gram)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みーちゃんさん(@ne.ismart)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kayoさん(@_kayo_56)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いのさんさん(@ino3_gram)がシェアした投稿 -


この記事にいいね!しよう

いいね!
18

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。