最新&簡単!首すわり前でも怖くない「顔の洗い方」を助産師が動画で解説

この記事では、助産師監修によるシャワーを使った沐浴の方法について紹介しています。今回は、顔の洗い方についてです。

この記事の監修者

助産師高杉絵理

大分県の大学にて看護師・助産師・保健師の資格を取得後、総合周産期母子医療センターにて産科やNICUに勤務。結婚を機に上京してからは、もっと育児が楽しくなるようにママや赤ちゃんにいつも身近に寄りそっていたいとの思いより、地域での助産師活動を開始する。 現在は、世田谷区の行政や病院で働きながら、開業助産師として地域での講座やイベントを開催し子育て支援活動を幅広く行っている。また、ベビーカレンダーにおいても、妊娠・出産・育児を楽しめるように、ママたちが読みやすく分かりやすい記事を心がけ執筆中。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

 

初めての沐浴で一番不安なのが赤ちゃんの顔の洗い方ではないでしょうか。だけど、しっかり洗ってあげないと乳児湿疹ができやすいのが新生児期なのです。ここでは、スキンケアの大事なポイントにもなる顔の洗い方を一緒にみてみましょう。

 

【洗い方の手順とポイント】

①よく泡立てたせっけん(泡状タイプのソープでも可)とシャワー、タオルを準備します。

 

②ベビー用せっけんをお使いの場合は、よく泡立てておきます。市販のベビー用泡ソープは泡切れがよく手軽に使えるのがメリットです。

 

③シャワーの温度は38~39℃くらい。やけどしないようにママの手で温度を確認しましょう。心配な場合はシャワーを出したままでも大丈夫です。

 

④洗い場にマットを敷いて、その上に赤ちゃんを寝かせて洗います。赤ちゃんの足元側に座り、向かい合うようにすると負担なく洗えます。

 

⑤よく泡立てたせっけんを両頬につけ洗います。

 

⑥鼻や口の周りを洗います。

 

⑦目の周りを上から下に手早く洗います。上から下に洗うと自然に瞼を閉じてまつ毛が目を守ってくれます。

 

⑧顔の上からシャワーをかけ、流水でしっかり流します(泣きますが目も閉じているので動じないで大丈夫!)。

 

⑨手早くタオルで顔を拭きます

 

【ポイント】

1.よく泡立てたせっけんやベビー用泡ソープを使用します。よく泡立てたもののほうが目に入りにくいですし、ベビー用泡ソープだと泡切れもよく手軽に使えます。また、基本的にはベビー用は目や口に入っても安全なものなので大丈夫です。

 

2.⑦~⑨は手早くおこないます。

 

3.赤ちゃんが冷えないよう部屋の温度を調節しましょう

 

 

赤ちゃんの顔を洗うとき、せっけんが目に入ったらどうしようと心配するママも多いと思いますが、しっかり手順を守れば大丈夫。赤ちゃんのデリケートなお肌を毎日の沐浴で清潔にしてあげて守ってあげましょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶