「え、なんて!?」やたら長い謎の病名を告げられたけど全く頭に入らず…

令和元年5月1日生まれの男の子を子育て中の漫画家・まっふさんの連載「妊活レベル1 まっふの冒険記」第3話。ついに婦人科を受診し、内診台での検査が始まったまっふさんですが……。

 

初めて行った婦人科で、初めて開脚内診台に座った私。

 

検査は進み……

 

「妊活レベル1 まっふの冒険記」第3話

 

経腟エコーの画像は横の壁についているモニターで確認できるようになってました。

 

それを見ながら先生の説明が始まるわけなのですが、正直機械をつっこまれてる怖さと違和感で余裕がない!

 

しかもやたら長い謎の名前を告げられても……!
全く頭に入ってこない状態でした……!

 

どうやらこの黒くうつる卵胞の影というのがたくさんあると、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)らしいです。

 

私でもわかるくらいにしっかりと数個の影はわかりましたが、数的にはそこまで重症というわけではないらしいです(先生談)。

 

 

第4話につづく

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまっふ
    漫画家

    令和元年5月1日生まれの男の子を子育て中の漫画家。多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠を備忘録としてブログにのんびり4コマで更新中。ベビーカレンダーでは妊活中のお話「妊活レベル1 まっふの冒険記」と妊娠中のお話「妊婦レベル1 まっふの冒険記」を連載。息子とのお昼寝と一日の終わりにするゲームがなによりの至福。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP