マンガ 体験談 マンガ まっふ

「これにて終了…!?」病気なのに特に治療も薬もなくてびっくり!

 

婦人科を受診し、多嚢胞性卵巣症候群という謎の症状を告げられました。

 

「妊活レベル1 まっふの冒険記」第4話

 

開脚内診台を降りて隣の診察室で話を聞くことになりました。

 

早速、「多嚢胞性卵巣症候群」について説明を受けます。
名前が長いので通称「PCOS」と呼ぶらしいですね。メモに簡単な図解を交えながら説明を受け、なんとなく……簡単に……理解できました。

 

生理周期が長いのも、不正出血がおこるのも、どうやらこの「PCOS」が原因だったようです。

 

 

今回の受診はこれがきっかけだったので、原因がわかってよかった……のですが、

 

今「子どもが欲しい」という状況でなければ、特に治療する必要はないとのことで……。あっさり治療も薬もなく帰されてしまいました!

 

 

しかし、ネット情報は全部信じるな! と言われている時代に、詳しくはネットでチェック♪ を推奨されるとは思いませんでした……。ちゃんとしたサイトもたくさん出てきましたけどね!

 

 

初めての冒険……「婦人科受診」はこれにて終了です!

 

 

 

第5話につづく

 

著者

イラストレーター まっふ

漫画家


令和元年5月1日生まれの男の子を子育て中の漫画家。多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠を備忘録としてブログにのんびり4コマで更新中。ベビーカレンダーでは妊活中のお話「妊活レベル1 まっふの冒険記」と妊娠中のお話「妊婦レベル1 まっふの冒険記」を連載。息子とのお昼寝と一日の終わりにするゲームがなによりの至福。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。