マンガ 体験談 マンガ じぇにこ

施設で育ったいとこに励まされた話【口唇口蓋裂ちゃん、育ててます60】

生後5カ月になった口唇口蓋裂の長女くぴこ。
口唇の手術が延期になってしまいました。

 

体調不良が原因では仕方ないとわかっていても複雑な気持ち……。
そんなわが家に従弟が訪ねて来てくれました。

 

 

従弟は昔、家庭の事情で一時期養護施設に預けられていたことがあり、こんな話をしてくれました。

 

 

 

 

この話を聞いたとき、正直少し悲しくなりました……。

 

この口唇口蓋裂の治療は、当事者1人では乗り越えられない事がいくつもあります。

 

私は、そのすべてを取り除いてあげることはできません。

 

でも、くぴこと一緒に、この治療を頑張りたい。
くぴこに寄り添いたい…向き合っていきたいと、そう強く思いました。

 


 

2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

✿❀ベビカレ秋のマンガ祭り❀✿

大好評のマンガ記事を増量してお届けする期間限定“マンガ祭り”開催中! 人気レギュラー連載10作品に加え、新たにゲスト連載8作品が登場♪ 育児や家事、仕事などの合間の息抜きタイムにどうぞ♡

著者

イラストレーター じぇにこ


1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。